【SEO】画像や動画の代替テキストにはルールがある

イメージ画像。代替テキストの内容は、情報を探す人に無駄足を踏ませないようにしよう

代替テキストとは

画像動画に付加する説明文のこと。
画像や動画を見られない環境や状況、読み上げアプリ、Gooogleなどの検索エンジン向けに付与が推奨されています。

Instagramで代替テキストを入れる方法
https://webguideteraonoriko.blogspot.com/2019/02/instagram.html

以前は、画像まわりの文章から推察されれば、なくてもさほど問題なしとされていました。
ないと問題ありとされていたのは、画像にリンクがある場合など、限定的でした。
今は「検索されやすくしたいなら入れよう」という扱いです。

入れる文言や配置などルールがある

画像や動画の代替ですから、画像や動画に無関係な文言を入れてはいけません

さらに、画像に入れる文言は、見出しやメニューなど重要な文言はいけません

見出しやメニューは文言として、画像は画像として載せることが推奨されています。

なお、画像の配置は、関連する本文のそばが推奨されています。

ほか推奨されている画像サイズなど、詳しくはGoogleヘルプをご覧ください。

Google 画像検索に関するおすすめの方法
https://support.google.com/webmasters/answer/114016?hl=ja

情報を探す人のことを考えよう

代替テキストに限らず、文言、コンテンツ、画像すべてに言えます。

無駄足を踏ませない

Instagramのハッシュタグにも言えますが、投稿や画像に無関係の文言を入れない

ホットワードを入れたいなら、ホットワードに関する投稿をすればよいのです。

無関係でありながら取り入れれば、不適切なことをするアカウントとして、インターネット上でのあなたの価値を下げかねません。

関係があっても、外部のブランドやホットワードは前面に取り込まない

そのブランドやホットワードの価値が、あなたの価値にも影響しかねないからです。

取り込むならば、紹介のスタンスくらいがよろしいのではと思います。

なにより、そのブランドやホットワードについて情報を探す人にとって、最もほしい情報はあなたの情報ではないのですから。

探す人を第一に、情報の優先度は適正であるようにしてあげてください。

SEOとかブランディングとか難しそうで全然、こういうことですよという話。