Wordpressのエディタを以前に戻すには


Wordpress(ワードプレス)とは

日本のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)では、シェア7割超のウェブサイト構築システム。
簡単に言うと、プログラミングに詳しくなくても、ホームページ(ウェブサイト)やブログを作れるシステムです。

エディタとは

和訳すると「編集」。
Wordpress上で、記事を作成したり編集したりする時に使う、機能です。

エディタが自動的に新しくなった

デザインから刷新されたため、一般の運用者には操作がわかりにくい。
そもそもWordpressは、一般の人でも使いやすいのが特長のはず。
使い方を知ることに時間はかけたくないですよね。

エディタを以前に戻すには

プラグインを入れて有効化するだけ😃
手順としては

Wordpress管理ログイン

メニューのプラグインをクリック

冒頭のボタン「新規追加」をクリック

冒頭の右手「プラグインの検索」ボックスに「gutenberg*」と入力
↓*新しいエディタ名です
結果一覧から「Disable Gutenberg」を探す。見つけたらその今すぐイントール」をタップして「有効化」する

Classic Editorは機能しないかも

エディタを以前に戻すプラグインには、「Classic Editor」というのがあります。
「以前の編集」、わかりやすいですね。
このプラグイン、サポートは2021年までと、今のところ機能はするはずですが。
入れて有効化してあったはずのところから、変わってる!タスケテ!と言われました。

前述のプラグインをあらたに入れて有効化したら、機能しています。
また、他所で以前から有効化しているものは、これまでも以前の形で使えています。

「Wordpress管理画面ログイン、昨秋から久しぶりにしたらナニコレ😨」な方は、お試しください。