【デュアルディスプレイ】Windows10で使う

このページは「パソコンやディスプレイに詳しくないけど、自分で使えるようにしてみたい」という方に向けて書きました。



デュアルディスプレイとは

パソコンに2台のディスプレイを繋げて使うこと。

3台繋ぎは「トリプル〜」、総じて「マルチモニター」とも呼ぶ。

メリットは主に「作業領域が広くなる」。

私の場合、メリットは二次的なもの*ですが、なるほどの使用感です。

*買い替えで使わなくなったディスプレイを使い倒すことにしたため。

それでは「デュアルディスプレイを使うには」という話をしていきます。

「型名」検索で接続の仕様を確認する

最初にすること。

デスクトップパソコン(以下パソコン)とディスプレイ、それぞれの接続の仕様(パソコンの信号ポート、ディスプレイの信号コネクタ―)を確認します。

ここで、パソコンやディスプレイの背面は、覗き込まなくても大丈夫です。

見た目と実際は違う場合がありますので、ねんのためくらいにしておいて…。

仕様を確認するには、「Google Chrome」で「型名」を検索します。

古い型名はBingで検索すると見つかる場合がある

「Google Chrome」で「型名」を検索して見あたらない場合、検索エンジン「Bing」*で検索してみてください。

私の場合、使わなくなったディスプレイが古いため、Bingで検索して仕様を確認しました。

*Bing…Microsoftの検索エンジン。Googleでも「Bing」で検索して利用できます。アプリ検索してインストールすることもできます。

パソコンとディスプレイを繋ぐケーブルを選ぶ

仕様を確認したので、接続に必要なケーブルを洗い出します。

接続は「アナログ(以下ア)」と「デジタル(以下デ)」があり、「デジタル」優先で選びます。

私の場合、仕様は以下。

A:デスクトップパソコン
「DELL inspiron-3250」
信号ポート「1.VGA*(ア)」「2.HDMI(デ)」
*D-subの一種。

B:復活させたいディスプレイ
「MITSUBISHI RDT1713S」
信号コネクタ「1.D-sub(ア)」「2.DVI-HDMI(デ)」「3.HDMI(デ)」

C:使っているディスプレイ
「MITSUBISHI RDT233WLM」
信号コネクタ「1.D-sub(ア)」「2.DVI-D(デ)」「3.HDMI(デ)」

変換アダプタが要る場合

Bが古いので、B-1「D-sub」に、既存のケーブル「D-sub/D-sub」を使用し、A-1「VGA」と接続。

映りました😊

A-2「HDMI」は、新規のケーブル「HDMI/HDMI」を使用し、C-3「HDMI」と接続。

CがAを認識しない…。

まずは映るか確認したいので、A「HDMI」>「HDMI VGA 変換アダプタ」>C-1「D-sub」と接続。

映りました😊

HDMI VGA 変換アダプタ」は、ABCいずれも既存のケーブルは「D-sub/D-sub」でしたので、要るかもと用意しておいたものです。

メインのディスプレイ、映り方等は「設定」で調整する

パソコンの設定では、メインのディスプレイを指定したり、映り方の調整をしたりすることができます。

前述の「CがAを認識しない」現象は、この設定で「検知する」と解決する場合があります。

映らない・繋がらない場合は原因を切り分ける

なお、不具合を解決するには、原因を切り分けていくと、対策が見つかりやすいです。

ケーブルをいったん抜いて挿す。

挿し方が正しいかしっかり挿す。

接続の方法(ケーブル、ポートとコネクタ、変換アダプタ)をかえて繋げてみる。(前述の私の場合、これで解決しました)

設定については、「デュアルディスプレイ Windows10」等で検索してみてください。

詳しく書かれたページが見つかります。

デュアルディスプレイ、試してみてください😊