【エンジニア】VSCodeを日本語で使う


この記事の対象者は「VSCodeを使ってみたい」「VSCodeの日本語化を知りたい」エンジニア。

VSCodeは、テキストエディタとしても使えますが、エンジニアに需要が高い。

一般的なテキストエディタについては「【資料作成】ブログやSNSもテキストエディタ」をご覧ください。

それでは以下、用語と設定を説明していきます。


VSCodeとは

Visual Studio Codeの略名。

Microsoft社によるソースコードエディタ。

使えるOSは、Windows、Linux、macOS。


VSCodeを使うには

ダウンロード

以下で「OS」を選択、ダウンロード。





ダウンロードした「exe」を実行。


日本語化するには

VSCodeを起動して画面で「Tools and Languages」をクリック。



画面の左上、検索ボックスに「japanese」を入力。

検索結果の「Japanese~日本語」をクリックすると、インストールされます。




インストール後は、VSCodeの再起動が要ります。

画面の右下「Restart Now」をクリックすると、再起動されます。



VSCodeが再起動され、日本語化されたことがわかります。


VSCodeの日本語化について、以上。